個人事業拡大にむけてアルバイトを雇う

個人事業主として行う事業の種類はいろいろあるが、その規模の選択肢も様々だ。
もちろん、規模を大きくするには、顧客から支持を得ることが条件ではあるが、個人事業であっても事業規模を拡大することは不可能ではない。

しかし、規模が大きくなれば、従業員やアルバイトを雇う必要が出てくることもあるだろう。
個人事業主がアルバイトを雇う場合に気を付けなければいけない点は二つある。
一つは、募集をかけても応募が少なく、なかなか人が集まらず、採用までに時間がかかる可能性がある。
もう一つは、アルバイトであっても一定時間労働するのであれば、所得税の源泉徴収をする必要になってくる。労働時間によっては、社会保険に被保険者の加入手続きを取らなければならない可能性も出てくる。
そういった注意点があったとしても、アルバイトの採用によってマンパワーを増強することができるのは、事業拡大にとっては有望な選択肢といえるはずだ。

時間的に余裕をもって募集をかけ、じっくり面接をしていくことで少数精鋭のアルバイトを獲得することが成功への近道となるだろう。
そういった精鋭が入ってきてくれれば、アルバイトであっても相当な活躍が期待できるかもしれない。
そもそも個人事業主のやっている事業に応募するという人は、その事業によほど興味がある人というケースも少なくない。
その人の自主性を尊重しつつ、しっかり基本から育て、活躍させるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です