個人事業主は世の中の隙間を埋める仕事だ

個人事業主とは、その言葉通り、個人で事業を行っている人のことである。
個人で行っている為、できることは限られ、社会全体からみれば小さな仕事が多いかもしれない。
売上では、大企業に比べると足元にも及ばないし、名前が知られることもない。

ただし、そんな大企業で働く人と比較すると、時間ではなく労働を完成させることによって報酬を得ることになるため、その責任は大きいと言える。
上司にミスを指摘されることもないし、失敗すれば報酬がない場合もあるからだ。
雇われている会社員とは違い、事業を促進させる為には、アルバイトを雇うことにもなるかもしれない。
小さな仕事ではあるが、仕事を完成させないと報酬がもらえないという点においてシビアなのだ。
そんな個人事業主の役割はどんな所にあるのだろうか。それは、世の中の隙間を埋める仕事と言える。

世の中に提供されているサービスには足りない部分がたくさんある。
素晴らしい商品を作っても宣伝する力が足りなかったり、システムを完成させるのに、ある部分のプログラムが足りかなったりする。
個人事業主は、そのような不足している部分を埋める仕事と言えるのではないだろうか。
小さいが完成した仕事である為、すぐに使える状態だ。
大企業では埋めることができない様々な隙間を埋めて、サービスや業界の繁栄を手伝うようなイメージ。自ら事業を行うことは簡単ではないが、自分で判断し小回りが効く為、重要な存在と言えるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です